30年前の東京人は「10万円以下」のパソコン登場にただただ驚きを隠せなかった

現在は1桁万円台で性能の良いパソコンが買えますが、パソコンが一般に普及し始めた1990年代はまったく異なる状況でした。フリーライターの大居候さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_05.jpg
1万55人を対象に行った「暇つぶしに関する調査」(画像:MyVoice)
/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_06.jpg
1万55人を対象に行った「暇つぶしに関する調査」(画像:MyVoice)
/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_07.jpg
1万55人を対象に行った「暇つぶしに関する調査」(画像:MyVoice)
/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_01.jpg
パソコン初心者にはテレビ受信も可能なパソコンなどが好評だった。秋葉原の電気街。1994年12月9日撮影(画像:時事)
/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_02.jpg
マイクロソフト社の基本ソフト「Windows95」日本語版発売で混雑する秋葉原の「ラオックスコンピューター館」。1995年11月23日撮影(画像:時事)
/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_03.jpg
1990年頃の秋葉原(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_04.jpg
現在の秋葉原(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画