東京の歴史ある橋のたもとが必ず「広場」や「公園」になっているワケ

東京の栄えたエリアを散歩していると、橋のたもとに小さな公園や広場がよく設けられています。いったいなぜでしょうか。フリーライターの出島造さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_04.jpg
千代田区神田須田町にある昌平橋東橋詰広場(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_05.jpg
千代田区神田須田町にある昌平橋東橋詰広場(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_06.jpg
千代田区神田須田町にある昌平橋東橋詰広場(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_07.jpg
千代田区神田須田町にある昌平橋東橋詰広場(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_01.jpg
橋のたもとにある都内の公園(画像:出島造)
/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_02.jpg
橋のたもとにある都内の公園(画像:出島造、(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_03.jpg
築地の残る三角形の土地と、1963年頃の航空写真(画像:出島造、国土地理院)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×