桜島の噴火は他人事ではない かつて東京都を襲った「大惨事」の記憶

2021年4月25日(日)未明、鹿児島県の桜島で爆発的噴火が発生。東京に住む私たちにとっても、決して無縁の話ではありません。かつて東京でも、多くの犠牲を出す大噴火がありました。フリーライターの大島とおるさんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_04.jpg
2014年3月撮影、鳥島の火口付近(画像:海上保安庁)
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_05.jpg
2003年11月撮影、伊豆大島火口(画像:海上保安庁)
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_06.jpg
2007年1月撮影、三宅島・雄山火口付近(画像:海上保安庁)
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_07.jpg
2021年1月撮影、西之島(画像:海上保安庁)
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_08.jpg
2015年8月撮影、硫黄島・北ノ鼻付近の噴気帯(画像:海上保安庁)
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_01.jpg
気象庁が発表した、2021年4月25日1時9分の桜島・南岳山頂火口の噴火の状況(画像:気象庁)
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_02.jpg
日本の海域火山データベース(画像:海上保安庁)
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_03.jpg
無人島となった鳥島(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×