絶望の文豪・太宰治が「三鷹の借家」で生きる希望を見出したワケ

没後70年を超えてなお、多くの読者を魅了する作家・太宰治。ついのすみかとして過ごした東京・三鷹の地で、彼が見たものとは何だったのか? フリーライターの鹿間羊市さんがその足跡をたどります。

/wp-content/uploads/2021/04/210409_dazai_03.jpg
『ヴィヨンの妻』(画像:新潮文庫)
/wp-content/uploads/2021/04/210409_dazai_04.jpg
『人間失格』(画像:岩波文庫)
/wp-content/uploads/2021/04/210409_dazai_05.jpg
『東京八景』。画像はKindle版(画像:Amazon)
/wp-content/uploads/2021/04/210409_dazai_01.jpg
太宰は昭和14年9月、三鷹の借家に移転。そこがついのすみかとなった(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/04/210409_dazai_02.jpg
西日が差す三鷹の3畳間で、文豪は何を思っていたのか(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×