日本中を震撼させた昭和11年の怪事件 舞台となった荒川区尾久は今【連載】東京色街探訪(6)

85年前の1936(昭和11)年、荒川区尾久で日本中を震撼させる事件が起きました。三業地として栄えた街は今、どのような姿をしているのか。紀行ライターのカベルナリア吉田さんが尾久の過去と現在をたどります。

/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_06.jpg
こぢんまりとした尾久駅外観(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_07.jpg
地下道「タイムカプセル平成ロード」の簡素な出入口(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_08.jpg
地下道「タイムカプセル平成ロード」の簡素な出入口(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_09.jpg
地下道「タイムカプセル平成ロード」の簡素な出入口(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_10.jpg
地下道を抜けた先は、北区上中里(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_11.jpg
路地に置かれるベンチに「さんぽの駅」の文字(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_12.jpg
上中里駅につながる空中通路(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_13.jpg
長大な梶原踏切と、踏切の架かる歩道橋「さわやか橋」(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_14.jpg
長大な梶原踏切と、踏切の架かる歩道橋「さわやか橋」(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_15.jpg
上中銀座を抜けて、ようやく荒川区尾久に着く(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_16.jpg
尾久の中心を都電が走る(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_17.jpg
都電の荒川車庫(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_18.jpg
隅田川。緑のアーチ橋は小台橋(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_19.jpg
碩運寺の入口に「寺の湯」案内板(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_01.jpg
尾久は商店街が多い。代表格が「おぐぎんざ」(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_02.jpg
中里貝塚跡(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_03.jpg
あらかわ遊園の観覧車遊園地(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_04.jpg
女子医大通り。三業地があったのは、このあたり(画像:カベルナリア吉田)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_ogu_05.jpg
夜の尾久駅に、家路を急ぐ人々が降り立つ(画像:カベルナリア吉田)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×