山手線の北側部分が、まるで「M」みたいな形になってるワケ

「まあるい 緑の山の手線~♪」というCMソングがあるように、丸いイメージを持たれている山手線ですが、北側はアルファベットの「M」のような形になっています。いったいなぜでしょうか。フリーライターの弘中新一さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_05.jpg
東京周辺の「デジタル標高地形図」(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_06.jpg
東京周辺の「デジタル標高地形図」(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_07.jpg
東京周辺の「デジタル標高地形図」(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_08.jpg
東京周辺の「デジタル標高地形図」(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_09.jpg
東京周辺の「デジタル標高地形図」(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_10.jpg
東京周辺の「デジタル標高地形図」(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_01.jpg
池袋~田端間の「M」字状のくぼみ(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_02.jpg
『地形で読み解く鉄道路線の謎 首都圏編』(画像:JTBパブリッシング)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_03.jpg
左側が1909(明治42)年の地図。目白駅〈黄枠〉と巣鴨駅〈赤枠〉の位置関係(画像:国土地理院、時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_04.jpg
「M字」区間の地形(画像:国土地理院)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×