お店レベルの自宅用「生ビール」をつくった開発者が本音ではなぜか外食を勧めるワケ

コロナ禍で加速した在宅消費。とりわけ食事は、テイクアウトやデリバリーの発達によって、自宅にいながらお店と変わらないほどの味や体験を可能にしました。ビール業界も「自宅で本格ビール」商品の展開に続々と乗り出しています。開発担当者に、背景や狙いを聞きました。

/wp-content/uploads/2021/03/210330_ienaka_09.jpg
2020年11月、東京など首都圏に住む20~69歳1万人を対象に実施した「イエナカ外食調査2020」の結果(画像:リクルートライフスタイル)
/wp-content/uploads/2021/03/210330_ienaka_10.jpg
2020年11月、東京など首都圏に住む20~69歳1万人を対象に実施した「イエナカ外食調査2020」の結果(画像:リクルートライフスタイル)
/wp-content/uploads/2021/03/210330_ienaka_11.jpg
2020年11月、東京など首都圏に住む20~69歳1万人を対象に実施した「イエナカ外食調査2020」の結果(画像:リクルートライフスタイル)
/wp-content/uploads/2021/03/210330_ienaka_06.jpg
2021年4月に発売される「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」。ふたを開けるとクリーミーな泡が自然発生する、これまでにない缶ビール(画像:アサヒビール)
/wp-content/uploads/2021/03/210330_ienaka_02.jpg
報道機関向けのオンラインセミナーで「イエナカ外食」の展望について解説した稲垣さん(画像:リクルートライフスタイル)
/wp-content/uploads/2021/03/210330_ienaka_03.jpg
売上高・客数・客単価の伸び率推移。2020年は過去に例がない落ち込みを見せているのが分かる(画像:日本フードサービス協会)
/wp-content/uploads/2021/03/210330_ienaka_04.jpg
キリンビールがこのたび本格展開を始めた会員制生ビールサービス「キリン ホームタップ」(画像:キリンビール)
/wp-content/uploads/2021/03/210330_ienaka_05.jpg
中井貴一さん、天海祐希さんが出演する「キリン ホームタップ」のテレビCM(画像:キリンビール)
/wp-content/uploads/2021/03/210330_ienaka_07.jpg
アサヒビールのビールマーケティング部ブランドマネージャー中島健さん。商品開発担当者としての思いとは(画像:アサヒビール)
/wp-content/uploads/2021/03/210330_ienaka_08.jpg
コロナ禍以降も、外食とテイクアウトやデリバリーを使い分けしたいと感じている人は半数以上に上る(画像:リクルートライフスタイル)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画