ペリー襲来で海防強化を指揮――大谷亮平演じる「阿部正弘」が作り、残したものをご存じか【青天を衝け 序説】

“日本資本主義の父”で、新1万円札の顔としても注目される渋沢栄一が活躍するNHK大河ドラマ「青天を衝け」。そんな同作をより楽しめる豆知識を、フリーランスライターの小川裕夫さんが紹介します。

/wp-content/uploads/2021/03/210319_abe_05.jpg
明治初期のお台場周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_abe_06.jpg
1920年頃のお台場周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_abe_07.jpg
1950年頃のお台場周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_abe_08.jpg
1970年頃のお台場周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_abe_09.jpg
現在のお台場周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_abe_10.jpg
明治初期のお台場周辺の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_abe_01.jpg
2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』のウェブサイト(画像:NHK)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_abe_02.jpg
現在のお台場周辺の様子(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_abe_03.jpg
1909(明治42)年測図の地図。現在の文京区西片周辺。画像中央付近に「阿部邸」の表記がある(画像:時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_abe_04.jpg
田辺が設計した青淵文庫。渋沢が飛鳥山に構えた本邸に隣接して建設されている(画像:小川裕夫)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×