本館建て替えが話題に――帝国ホテルと渋沢栄一の誇り高き歴史を振り返る【青天を衝け 序説】

“日本資本主義の父”で、新1万円札の顔としても注目される渋沢栄一が活躍するNHK大河ドラマ「青天を衝け」。そんな同作をより楽しめる豆知識を、フリーランスライターの小川裕夫さんが紹介します。

/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_05.jpg
現在の帝国ホテル東京周辺の地図と航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_06.jpg
現在の帝国ホテル東京周辺の地図と航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_07.jpg
1985年頃撮影された帝国ホテル周辺の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_08.jpg
1975年頃撮影された帝国ホテル周辺の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_09.jpg
1963年頃撮影された帝国ホテル周辺の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_10.jpg
1947年頃撮影された帝国ホテル周辺の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_11.jpg
1930年頃の帝国ホテル周辺の地図(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_12.jpg
明治初期の帝国ホテル周辺の地図(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_01.jpg
2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』のウェブサイト(画像:NHK)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_02.jpg
帝国ホテル東京は有楽町の劇場街と日比谷公園の間に所在。多くの人が行き交う(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_03.jpg
渋沢栄一(画像:深谷市、日本経済新聞社)
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_04.jpg
現在、帝国ホテルの筆頭株主である三井不動産は、日比谷一帯の再開発を進めている。帝国ホテル東京の左奥に見えるビルは、三井不動産が手がけた東京ミッドタウン日比谷(画像:小川裕夫)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×