東京・荒川区に残存――美しき「レンガ塀」が描く近代東京の面影

富国強兵と殖産興業を旗印に、近代化へ突き進んだ明治の日本。そんな時代に必要とされたのがレンガ建築でした。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/03/210315_arakawa_03.jpg
2月に開館した尾久図書館は外構と外壁にレンガを使用。一部のレンガはあらかわ遊園付近に残っていた古いレンガ塀を活用(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2021/03/210315_arakawa_04.jpg
荒川区東尾久にある尾久図書館の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/03/210315_arakawa_05.jpg
千住製絨所のレンガ塀が残る荒川工業高校の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2021/03/210315_arakawa_06.jpg
上は1932(昭和7)年発行の地図。現在の荒川工業高校のある場所に千住製絨所の記載がある(画像:時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)
/wp-content/uploads/2021/03/210315_arakawa_07.jpg
1947年頃撮影。現在、荒川工業高校がある場所の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210315_arakawa_08.jpg
1965年頃撮影。現在、荒川工業高校がある場所の航空写真。東京スタジアムが見える(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210315_arakawa_09.jpg
1975年頃撮影。現在、荒川工業高校がある場所の航空写真。東京スタジアムが見える(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210315_arakawa_10.jpg
1980年頃撮影。現在、荒川工業高校がある場所の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210315_arakawa_11.jpg
1985年頃撮影。現在、荒川工業高校がある場所の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210315_arakawa_12.jpg
1990年頃撮影。現在、荒川工業高校がある場所の航空写真(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2021/03/210315_arakawa_13.jpg
残された千住製絨所のレンガ塀と、荒川区が立てた史跡の説明板(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2021/03/210315_arakawa_01.jpg
荒川区南千住にある荒川工業高校の周囲に残る千住製絨所のレンガ塀(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2021/03/210315_arakawa_02.jpg
千住製絨所は東京球場、そして現在はスポーツセンターへと姿を変えている(画像:小川裕夫)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画