デリバリー専門店増加で激変する「食の価値観」 早い・安い・うまいはもはや過去の産物か?

新型コロナウイルスの感染拡大によるデリバリー需要の拡大に伴い注目を浴びている「ゴーストレストラン」。その最新動向について、文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/02/210223_ghost_04.jpg
20歳~69歳の男女1239人を対象に行った中食(テイクアウト・デリバリー)の利用傾向調査(画像:Dai)
/wp-content/uploads/2021/02/210223_ghost_05.jpg
20歳~69歳の男女1239人を対象に行った中食(テイクアウト・デリバリー)の利用傾向調査(画像:Dai)
/wp-content/uploads/2021/02/210223_ghost_06.jpg
20歳~69歳の男女1239人を対象に行った中食(テイクアウト・デリバリー)の利用傾向調査(画像:Dai)
/wp-content/uploads/2021/02/210223_ghost_01.jpg
デリバリー配達員のイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/02/210223_ghost_02.jpg
ゴーストレストランのレイアウト一例。28坪の施設内には区画分けされ、入居者の専有部となる六つのキッチンスペースが完備された「DELICIOUS FACTORY 下北沢」(画像:フードテラス)
/wp-content/uploads/2021/02/210223_ghost_03.jpg
デリバリーメニューのイメージ(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×