仕方なく入居したシェアハウス 東京で「居場所」を求めさまよう女性の行く末は

あなたには「居場所」はありますか? 安心できる場所、活躍できる場所、大切な人がいる場所。そんな自分にとって居心地の良い場所をこの東京で見つけるにはどうしたら良いのでしょうか。その答えを示唆する小説『足りないくらし』(徳間文庫)を、フリーライターの夏野久万さんが紹介します。

/wp-content/uploads/2021/02/210221_tarinai_06.jpg
2021年2月21日12時現在のAmazon「一般文庫」売れ筋ランキング(画像:Amazon)
/wp-content/uploads/2021/02/210221_tarinai_01.jpg
広い東京で、自分の居場所を見つけるにはどうすればいいのか(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/02/210221_tarinai_02.jpg
今の自分は「仮の姿」だと信じて、空想の未来にばかり目を向ける――誰でも陥りがちな考えだ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/02/210221_tarinai_03.jpg
散らかっていようが、美しくなかろうが、自分にとって居心地の良い場所こそが居場所(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/02/210221_tarinai_04.jpg
どんな場所であれ、周囲の人といかに関係を築くかは避けて通れない問題(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/02/210221_tarinai_05.jpg
居場所とは何か、それを示唆してくれる小説『足りないくらし』(画像:徳間文庫)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×