アンティークな時間の流れ「カフェ・ド・ルトン」|老舗レトロ喫茶の名物探訪(9)

2019年1月10日

お出かけ
ULM編集部

ビルが林立する銀座の商業地区。そのせわしない時間と人の流れに逆らうかのごとく、静かにゆっくりと時を刻む老舗レトロ喫茶「カフェ・ド・ルトン」があります。その名物は、アール・ヌーボーのアンティークに統一された瀟洒な大人空間と、静謐な「時間の流れ」といえます。

/wp-content/uploads/2019/01/190109_retoro9_01.jpg
「カフェ・ド・ルトン」の店内。大きな古時計が存在感を放つ(2018年11月28日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2019/01/190109_retoro9_02.jpg
カウンターに置かれたアンティーク時計(右)。左はマスターの井田さん(2018年11月28日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2019/01/190109_retoro9_03.jpg
店で水用のグラスに使われている江戸切子(右)。手彫りのもので、持つと不思議なまでに手に馴染む。左はブレンドコーヒー 800円(税込、以下同)(2018年11月28日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2019/01/190109_retoro9_04.jpg
焼きたてのプレーンワッフル 600円(2018年11月28日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2019/01/190109_retoro9_05.jpg
300年以上前に作られたと目されるアンティークのステンドグラス(2018年11月28日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2019/01/190109_retoro9_06.jpg
店内には時計が至るところに飾られている(2018年11月28日、宮崎佳代子撮影)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×