ついに東京を席巻したバーチャルアイドル 開発者たち「汗と涙の30年史」とは

今や、東京の街で見掛けない日はないほど普及・定着した「バーチャルアイドル」。しかしその歴史は、何も今に始まったわけではありません。そこには、長きにわたる技術開発や試行錯誤の繰り返し、開発者たちの情熱がありました。フリーライターの犬神瞳子さんがその歴史をひも解きます。

/wp-content/uploads/2021/01/210123_vtuber_04.jpg
2018年にデビューしたバーチャルタレントでVTuberの伊達あやの。元祖バーチャルタレントの母親を持つサラブレット(画像:ホリプロデジタルエンターテインメント)
/wp-content/uploads/2021/01/210123_vtuber_05.jpg
2018年にデビューしたバーチャルタレントでVTuberの伊達あやの。元祖バーチャルタレントの母親を持つサラブレット(画像:ホリプロデジタルエンターテインメント)
/wp-content/uploads/2021/01/210123_vtuber_06.jpg
2018年にデビューしたバーチャルタレントでVTuberの伊達あやの。元祖バーチャルタレントの母親を持つサラブレット(画像:ホリプロデジタルエンターテインメント)
/wp-content/uploads/2021/01/210123_vtuber_01.jpg
2018年にデビューしたバーチャルタレントでVTuberの伊達あやの。元祖バーチャルタレントの母親を持つサラブレット(画像:ホリプロ、ホリプロデジタルエンターテインメント)
/wp-content/uploads/2021/01/210123_vtuber_02.jpg
1996年、当時「16歳」で元祖バーチャルタレントとしてデビューした伊達杏子(画像:ホリプロ)
/wp-content/uploads/2021/01/210123_vtuber_03.jpg
東京の街に掲げられたデジタルビジョン広告には、バーチャルアイドルが毎日のように映し出される(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×