将来的には70階ビルも――いま東京で「木造建築物」が急増しつつあるワケ

東京で今、木材をベースにした建築物が誕生したり、高層ビルの計画が進行したりしていることをご存じでしょうか? 木造は火事や地震に弱いという弱点がありますが、それらをどのように克服したのでしょう。フリーランスライターの小川裕夫さんが、林業を巡る歴史的背景とともに紹介します。

/wp-content/uploads/2021/01/210123_wood_03.jpg
木造の外観が美しい京王線・高尾山口駅(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2021/01/210123_wood_04.jpg
2020年9月に発表された、三井不動産と竹中工務店が検討に着手する、日本橋での国内最大・最高層の木造賃貸オフィスビル計画(画像:三井不動産)
/wp-content/uploads/2021/01/210123_wood_05.jpg
住友林業が2041年を目標に掲げる、高さ350m、地上70階の木造超高層建築構想「W350計画」を紹介する同社サイトの広告ギャラリー(画像:住友林業)
/wp-content/uploads/2021/01/210123_wood_01.jpg
2020年12月に発表された「ウッドデザイン賞 2020」で最優秀賞を受賞した、日建設計などによる有明体操競技場(画像:国土緑化推進機構)
/wp-content/uploads/2021/01/210123_wood_02.jpg
2020年11月にリニューアル工事が完了した小田急線・参宮橋駅(画像:小川裕夫)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×