日本の「職人技」とは何か、そしてなぜ継承が必要なのか? ユネスコ無形文化遺産登録を機に考える

このたび、木造建造物を受け継ぐための伝統技術「伝統建築工匠の技」がユネスコの無形文化遺産に登録されました。どのような技術で、なぜ技術継承は必要なのでしょうか。ユネスコフリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/01/210121_shokunin_03.jpg
ユネスコ無形文化遺産に選ばれた「伝統建築工匠の技」一覧(画像:文化庁)
/wp-content/uploads/2021/01/210121_shokunin_04.jpg
ユネスコ無形文化遺産に選ばれた「伝統建築工匠の技」一覧(画像:文化庁)
/wp-content/uploads/2021/01/210121_shokunin_05.jpg
日本のユネスコ無形文化遺産の一覧(画像:文化庁)
/wp-content/uploads/2021/01/210121_shokunin_06.jpg
日本のユネスコ無形文化遺産の一覧(画像:文化庁)
/wp-content/uploads/2021/01/210121_shokunin_01.jpg
明治神宮の廻廊(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/01/210121_shokunin_02.jpg
再建された江戸城の桜田巽櫓(さくらだたつみやぐら)(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×