3000円以下で愉しむ、銀座名店の江戸前技光るちらし寿司|江戸グルメ(4)

2019年1月4日

お出かけ
ULM編集部

江戸前寿司の銀座の名店に寿司を食べに行くというのは、敷居が高いと感じる人も多いのではないでしょうか。しかし、「ちらし寿司」なら手頃な価格で、名店の雰囲気を味わうことも、江戸前寿司の技を堪能することもできます。今回の江戸グルメでは、コスパ最高の銀座寿司名店のちらし寿司を紹介します。

/wp-content/uploads/2018/12/181219_edochirash_09.jpg
「鮨 新太郎」の吹き寄せちらし(2018年12月、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181219_edochirash_10-e1545995032701-683x1024.jpg
「鮨 さゝ木 」入口(2018年12月、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181219_edochirash_11.jpg
「銀座 鮨青木」入口(2018年12月、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181219_edochirash_12-1024x683.jpg
「鮨 新太郎」入口付近(2018年12月、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181219_edochirash_01.jpg
寿司激戦区の銀座の寿司名店には江戸前寿司が多い。写真はイメージ(2018年12月、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181219_edochirash_02.jpg
「鮨 さゝ木」の店内。カウンターに立つのが、同店3代目の佐々木博章さん(2018年12月、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/12/181219_edochirash_03.jpg
ばらちらし 2000円(税込)。お椀付き(2018年12月、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/12/181219_edochirash_04.jpg
「銀座 鮨青木」の店内と店主の青木利勝さん。青木さんは日本体育大学卒業で、学生時代は柔道の選手だったとのこと(2018年12月、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/12/181219_edochirash_05-683x1024.jpg
吸物付きのばらちらし 3000円(税・サ別)。仕上げにツメをかける。夏場はハマグリにかわってアワビを使用(2018年12月、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/12/181219_edochirash_06.jpg
「新太郎」の店先に飾られている、仲卸業者の名前の書かれた木札(2018年12月、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/12/181219_edochirash_07.jpg
具材が11〜12種類入る吹き寄せちらし 1500円(税・サ別)。お椀付き(2018年12月、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181219_edochirash_08.jpg
「鮨 新太郎」の店内と斎條真一さん。撮影時、「私が座ってる姿もいいんですよ」と言ってニッコリ(2018年12月、宮崎佳代子撮影)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事