コロナ禍で変わるクリスマス商戦 百貨店・ショッピングモールが新たに仕掛ける「ネット販売」とは

コロナ禍で苦戦する百貨店やショッピングセンターが現在、ネット通販に力を入れています。具体的にはどのような取り組みなのでしょうか。都市商業研究所の若杉優貴さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/12/201215_christmas_05.jpg
MoMA。奈良美智氏の「ウェルカム ガール スケートボード」2万8600円(画像:三越伊勢丹ホールディングス)
/wp-content/uploads/2020/12/201215_christmas_06.jpg
福井生まれのブランド「MOHEIM」。「RESTROOM SIGN 2pcs」。1760円(画像:三越伊勢丹ホールディングス)
/wp-content/uploads/2020/12/201215_christmas_01.jpg
伊勢丹 新宿店(画像:若杉優貴)
/wp-content/uploads/2020/12/201215_christmas_02.jpg
「イセタンアート」のイメージ(画像:三越伊勢丹ホールディングス)
/wp-content/uploads/2020/12/201215_christmas_03.jpg
配信が行われるコレド室町テラス。ここからは「誠品書店/誠品生活」が配信に参加する(画像:若杉優貴)
/wp-content/uploads/2020/12/201215_christmas_04.jpg
配信のイメージ。と三井ショッピングパークの12月のライブコマース配信予定(画像:三井不動産商業マネジメント)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×