やたら「推し」と言いたがる、今どき若者の巧みな心理戦略 「彼氏以外の気になる人も『推し』」

若者を中心に使われる現代用語「推し」。自分のお気に入りや応援したい人を指す言葉ですが、近年その意味がより広義になっていると、イラストレーターのイララモモイさんは指摘します。たとえば、彼氏以外に気になる男性が現われたときにも「推し」という言葉が用いられるのだそう。

/wp-content/uploads/2020/11/201129_oshi_03.jpg
2020年11月に20歳以上女性を対象に行われた、アイドル・キャラクターなど「『推し』のための借金経験」に関する調査結果(画像:東晶貿易)
/wp-content/uploads/2020/11/201129_oshi_04.jpg
2020年11月に20歳以上女性を対象に行われた、アイドル・キャラクターなど「『推し』のための借金経験」に関する調査結果(画像:東晶貿易)
/wp-content/uploads/2020/11/201129_oshi_05.jpg
2020年11月に20歳以上女性を対象に行われた、アイドル・キャラクターなど「『推し』のための借金経験」に関する調査結果(画像:東晶貿易)
/wp-content/uploads/2020/11/201129_oshi_06.jpg
2020年11月に20歳以上女性を対象に行われた、アイドル・キャラクターなど「『推し』のための借金経験」に関する調査結果(画像:東晶貿易)
/wp-content/uploads/2020/11/201129_oshi_01.jpg
「推し」と「好きな人」との距離感の違い(画像:イララモモイさん制作)
/wp-content/uploads/2020/11/201129_oshi_02.jpg
戦略的に「推し」という言葉を使う場面の一例(画像:イララモモイさん制作)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×