水上バスで隅田川・荒川をめぐる「いちにちゆらり旅」体験ルポ 都心で堪能する8時間35分の船旅とは(前編)

東京水辺ラインが運行する、隅田川から荒川、そして東京湾をへて再び隅田川にもどる周遊コース「いちにちゆらり旅」。同コースの体験した文筆家の広岡祐さんが詳細をリポートします。

/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_06.jpg
東京大空襲の夜、橋上で多くの犠牲者を出した言問橋。西詰には慰霊碑が立つ(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_07.jpg
お化け煙突の基部。高さは83.5m、直径は6m。1964年の解体後は、地元の小学校ですべり台として使われていた(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_08.jpg
新河岸川・中の橋付近。土手の向こう側には荒川が並行している(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_09.jpg
荒川に入る(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_10.jpg
当日の昼食その他(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_11.jpg
白髭橋(1931年)と東京スカイツリー。今回の船旅ではさまざまな場所からスカイツリーを見ることができた(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_12.jpg
あらかわ遊園はリニューアル工事のために休園中(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_13.jpg
船舶の安全な航行のため、川底の土砂をさらうしゅんせつ工事が各所でおこなわれている(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_14.jpg
小台橋の上流側・石神井川との合流地点からは、首都高速中央環状線と並行するダイナミックな光景が楽しめる(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_15.jpg
小豆沢発着所に到着(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_16.jpg
旧岩淵水門。設計者の青山士(あきら)は、パナマ運河の建設にたずさわった土木技師だった(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_17.jpg
現在使われている新岩淵水門(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_01.jpg
東京水辺ラインの「あじさい」。船体後部に折りたたみ式の屋上デッキが備わる(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_02.jpg
「あじさい」乗船風景。検温と消毒をすませて船内へ(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_03.jpg
言問橋(左)と桜橋。中央対岸に建つ台東リバーサイドスポーツセンターの左手から奥にのびる遊歩道が、かつての山谷堀(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_04.jpg
両国橋付近をゆく一銭蒸気。昭和初年ごろ(画像:広岡祐)
/wp-content/uploads/2020/11/201117_funatabi_05.jpg
密を避けて着席間隔をあけた「あじさい」船内。後部は開放的なテラスになっている(画像:広岡祐)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×