スパイスの香り漂う新宿・大久保――東京は本当に多文化な街? 都内「外国人人口」から考える

グローバル化にともない、海外から多くの外国人労働者が流入している日本。そんななか、日本は多文化化しているのでしょうか。立教大学社会学部メディア社会学科助教の大野光子さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/11/201107_tabunka_07.jpg
新大久保の「イスラム横丁」(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/11/201107_tabunka_08.jpg
新大久保の「イスラム横丁」(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/11/201107_tabunka_09.jpg
新大久保の「イスラム横丁」(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/11/201107_tabunka_01.jpg
大久保のハラルフードを扱うショップ(画像:大野光子)
/wp-content/uploads/2020/11/201107_tabunka_02.jpg
車の修理を行う外国人労働者(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/11/201107_tabunka_03.jpg
東京都区部別外国人人口と総数に占める割合(画像:大野光子)
/wp-content/uploads/2020/11/201107_tabunka_04.jpg
大久保と周辺地区の外国人人口と比率(画像:大野光子)
/wp-content/uploads/2020/11/201107_tabunka_05.jpg
現在の歌舞伎町(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/11/201107_tabunka_06.jpg
大久保のハラルフードを扱うショップ(画像:大野光子)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×