都内「ビアガーデン」に異変? コロナ禍で需要増、冬直前まで延長する店も

東京都内のビアガーデン。毎年春から夏に開業するところが多いのですが、2020年は11月末など真冬の直前まで営業するお店が続々と登場しています。背景にあるのは、やはり新型コロナウイルスの影響。トレンドウオッチャーのカシハラヒデコさんが今年ならではの楽しみ方を紹介します。

/wp-content/uploads/2020/10/201028_beer_04.jpg
明治記念館の庭園「ビアテラス鶺鴒(せきれい)」(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/10/201028_beer_05.jpg
品川駅すぐの「品川ビアガーデン」はなんと11月30日まで(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/10/201028_beer_06.jpg
高級ホテルのテラスで楽しむ「グランド ハイアット オーク ドア」(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/10/201028_beer_01.jpg
ビアガーデンといえば夏。しかし2020年は様相が一変(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/10/201028_beer_02.jpg
惜しまれながらも閉園した、としまえん。桜を見ながらのビールも楽しみのひとつだった(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/10/201028_beer_03.jpg
おしゃれなテラス席でのビアガーデンも人気。画像は「カイラ カフェ&テラスダイニング 渋谷店」(画像:エクシオジャパン)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画