東京「日比谷」は400年前までなんと「漁場」だった 地形図から見る痕跡とは

漁場だった「日比谷入江」とその名をつなぐ神社の風景について、フリーライターの真砂町金助さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_05.jpg
明治初期から平成までの日比谷周辺の風景(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_06.jpg
明治初期から平成までの日比谷周辺の風景(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_07.jpg
明治初期から平成までの日比谷周辺の風景(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_08.jpg
明治初期から平成までの日比谷周辺の風景(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_09.jpg
明治初期から平成までの日比谷周辺の風景(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_10.jpg
明治初期から平成までの日比谷周辺の風景(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_11.jpg
明治初期から平成までの日比谷周辺の風景(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_12.jpg
明治初期から平成までの日比谷周辺の風景(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_13.jpg
明治初期から平成までの日比谷周辺の風景(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_14.jpg
明治初期から平成までの日比谷周辺の風景(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_15.jpg
明治初期から平成までの日比谷周辺の風景(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_01.jpg
「デジタル標高地形図」の「東京都区部」。水色部分が「日比谷入江」、右の緑色部分が「江戸前島」」(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_02.jpg
「和田倉門」の名前が付く建物(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_03.jpg
中央区八丁堀にある「日比谷稲荷神社」画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/10/201023_hibiya_04.jpg
港区東新橋にある「日比谷神社」画像:(C)Google)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×