アートは「不要不急」じゃない――コロナ禍の今こそ注目すべきスタイリッシュでクールな力とは

新型コロナウイルスや大規模な自然災害。新たな脅威に私たちはどう向き合っていけばよいのでしょうか。こうした世界規模の問題に目を向けるひとつのきっかけとして、「アート」の力を生かす取り組みが注目を集めています。アイスランド系デンマーク人アーティスト、オラファー・エリアソンの活動を例に、文教大学国際学部准教授の清水麻帆さんがその可能性を探ります。

/wp-content/uploads/2020/10/201008_olafur_03.jpg
オラファーの活動を伝える映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』のシーン(画像:いちご、Jacob Jorgensen, JJFilm, Denmark)
/wp-content/uploads/2020/10/201008_olafur_04.jpg
オラファーの活動を伝える映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』のシーン(画像:いちご、Jacob Jorgensen, JJFilm, Denmark)
/wp-content/uploads/2020/10/201008_olafur_05.jpg
オラファーの活動を伝える映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』のシーン(画像:いちご、Jacob Jorgensen, JJFilm, Denmark)
/wp-content/uploads/2020/10/201008_olafur_06.jpg
オラファーの活動を伝える映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』のシーン(画像:いちご、Jacob Jorgensen, JJFilm, Denmark)
/wp-content/uploads/2020/10/201008_olafur_01.jpg
アートを通じて環境問題への警鐘を鳴らし続けるオラファー・エリアソン(画像:いちご、Jacob Jorgensen, JJFilm, Denmark)
/wp-content/uploads/2020/10/201008_olafur_02.jpg
映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』より、オラファーがニューヨークに出現させた滝(画像:いちご、Jacob Jorgensen, JJFilm, Denmark)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×