和装から洋服へ――昭和初期、東京の女性ファッションを一変させた「大火災」の記憶

女性のファッションの流行は、毎年、毎シーズン更新されていきます。かつて和服が中心だった日本・東京の女性たちが、洋服を着るようになったきっかけとは――。ノンフィクション作家の合田一道さんが昭和初期の「ある事件」をたどります。

/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_04.jpg
全国に住む10~70代の男女500人を対象に行われた「着物に関する意識調査」の結果(画像:ディーエムソリューションズ)
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_05.jpg
全国に住む10~70代の男女500人を対象に行われた「着物に関する意識調査」の結果(画像:ディーエムソリューションズ)
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_06.jpg
全国に住む10~70代の男女500人を対象に行われた「着物に関する意識調査」の結果(画像:ディーエムソリューションズ)
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_07.jpg
全国に住む10~70代の男女500人を対象に行われた「着物に関する意識調査」の結果(画像:ディーエムソリューションズ)
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_08.jpg
全国に住む10~70代の男女500人を対象に行われた「着物に関する意識調査」の結果(画像:ディーエムソリューションズ)
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_01.jpg
白木屋の火災。救助活動は困難を極めた(画像:合田一道)
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_02.jpg
現在の中央区日本橋にたたずむ女性。かつて和服は日常着だった(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/09/200925_drawers_03.jpg
白木屋の火災をひとつの契機に普及したズロース。現在も一定のニーズがあり、生産されている(画像:富士衣料)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×