CM「まず~い、もう一杯」で話題になった青汁 実は戦後間もなく誕生していた【連載】アタマで食べる東京フード(8)

味ではなく「情報」として、モノではなく「物語」として、ハラではなくアタマで食べる物として――そう、まるでファッションのように次々と消費される流行の食べ物「ファッションフード」。その言葉の提唱者である食文化研究家の畑中三応子さんが、東京ファッションフードが持つ、懐かしい味の今を巡ります。

/wp-content/uploads/2020/09/200925_aojiru_05.jpg
『青汁の効用』のカバー。青汁には「グリーンジュース」と小さくルビがふってあった(画像:畑中三応子)
/wp-content/uploads/2020/09/200925_aojiru_06.jpg
銀座の青汁スタンドの、なんともレトロな看板。スタンドといっても、店内で椅子に座って飲むことができる(画像:畑中三応子)
/wp-content/uploads/2020/09/200925_aojiru_07.jpg
新鮮なケール生搾りの遠藤青汁はコップ1杯350円(小)。乾燥青汁製品も販売している(画像:畑中三応子)
/wp-content/uploads/2020/09/200925_aojiru_01.jpg
平成初期のテレビCMで知名度が広がった青汁。しかしその歴史は想像より長い(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/09/200925_aojiru_02.jpg
京橋寄りの銀座ガス灯通り沿いに、35年の歴史を刻む青汁スタンド(画像:畑中三応子)
/wp-content/uploads/2020/09/200925_aojiru_03.jpg
『青汁の効用』の口絵写真「これがケールです」(画像:畑中三応子)
/wp-content/uploads/2020/09/200925_aojiru_04.jpg
渋谷ストリーム1階にあるレモネード専門店「レモネード バイ レモニカ」(画像:畑中三応子)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×