フランスに残された「3本の日本刀」 幕末期を戦った仏軍人と将軍慶喜の数奇な交流をたどって

幕末期に来日したフランス軍人、ジュール・ブリュネ大尉をご存じですか? 彼が祖国へ持ち帰った3振りの日本刀には、彼の日本での思いが垣間見えるようです。フランス現地でも取材を重ねたノンフィクション作家、合田一道さんが歴史の足跡をたどります。

/wp-content/uploads/2020/09/200909_taikun_03.jpg
ブリュネが祖国に持ち帰った日本刀。一番下の短刀が「タイクンの刀」(画像:合田一道)
/wp-content/uploads/2020/09/200909_taikun_04.jpg
ブリュネが描いた将軍・徳川慶喜(画像:合田一道)
/wp-content/uploads/2020/09/200909_taikun_05.jpg
写真を愛好した徳川慶喜。ブリュネは2度の謁見を果たしている(画像:朝日新聞社)
/wp-content/uploads/2020/09/200909_taikun_01.jpg
幕末期に来日したフランス軍人、ブリュネ大尉(画像:合田一道)
/wp-content/uploads/2020/09/200909_taikun_02.jpg
「旧江戸城写真帖」大広間跡・数奇屋二重櫓(画像:東京国立博物館)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×