都会のオアシスで感じる緑色のひと時「蔦珈琲店」|老舗レトロ喫茶の名物探訪(7)

2018年12月7日

お出かけ
ULM編集部

南青山の通り過ごしてしまいそうな隠れ家的な場所にある「蔦珈琲店」。壁一面のガラス窓いっぱいに庭木の緑が広がり、開放感溢れる店内は都会のオアシスといえる存在です。その名物は、ナチュラルに「緑」を感じられるひと時にあるといえるでしょう。

/wp-content/uploads/2018/12/181120_tsutacofee_01.jpg
蔦の絡まる赤レンガが古き良き表参道を彷彿とさせる蔦珈琲店の玄関口(2018年11月20日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181120_tsutacofee_02.jpg
店内は大きな窓ガラス一面に庭木の緑の景観が広がる(2018年11月20日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181120_tsutacofee_03.jpg
蔦珈琲店は創業以来、コーヒーはネルドリップ一辺倒。コーヒーは1杯700円、おかわりは1杯350円(2018年11月20日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181120_tsutacofee_04.jpg
朝陽が差し込む店内は、1日の始まりを清々しい気分にしてくれる。写真は一風変わったコンビのメニュー「コーヒーとチーズ」950円(2018年11月20日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181120_tsutacofee_05.jpg
マスターの小山さん(2018年11月20日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181120_tsutacofee_06.jpg
野菜たっぷりのクロックムッシュセット1300円。野菜は日によって異なる。添えられたヤクルトは健康保険食品(2018年11月20日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181120_tsutacofee_07.jpg
ベイクトチーズケーキとコーヒーのセット1200円(2018年11月20日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181120_tsutacofee_08.jpg
蔦珈琲店の店内。庭に近いテーブル席は緑色にしてコーディネート(2018年11月20日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/181120_tsutacofee_09.jpg
蔦珈琲店の店内(2018年11月20日、宮崎佳代子撮影)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×