都内最古の陸橋が、なぜか多摩「ニュー」タウンにある理由

昭和に造られた、日本最大規模のニュータウン「多摩ニュータウン」。そんなエリアに都内最古の陸橋「長池見附橋」があります。「ニュー」なのになぜ「最古」? その理由について、フリーライターの本間めい子さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/09/200905_rikkyo_06.jpg
長池見附橋の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_rikkyo_07.jpg
長池見附橋の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_rikkyo_08.jpg
長池見附橋の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_rikkyo_09.jpg
長池見附橋の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_rikkyo_10.jpg
長池見附橋の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_rikkyo_11.jpg
長池見附橋の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_rikkyo_01.jpg
長池見附橋(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_rikkyo_02.jpg
迎賓館の主庭(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_rikkyo_03.jpg
四谷見附橋(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_rikkyo_04.jpg
1963(昭和38)年頃、現在の多摩ニュータウン付近の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/09/200905_rikkyo_05.jpg
四谷見附橋からの風景(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×