コロナ禍で外国人観光客「ほぼゼロ」の今夏、都内の「免税店」は一体どうなっているのか?

新型コロナウイルス感染拡大で、インバウンド需要を狙った都内の免税店は現在どのようになっているのでしょうか。都市商業研究所の若杉優貴さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/08/200821_menzei_06.jpg
2017年に閉店した「ラオックス 秋葉原アソビットシティ」(2016年3月撮影)。さまざまなアニメやゲームとコラボしたが、今後こうした「コラボ」も復活するかもしれない(画像:若杉優貴)
/wp-content/uploads/2020/08/200821_menzei_07.jpg
ラオックス館内には各所に記念撮影スポットが設けられている。写真は、人気ライトノベル「このすば」の中2病キャラ「めぐみん」のオブジェ(画像:YOU)
/wp-content/uploads/2020/08/200821_menzei_08.jpg
高島屋免税店に掲げられた案内。館内には閉鎖区画も(画像:YOU)
/wp-content/uploads/2020/08/200821_menzei_01.jpg
日本人客向け店舗へと改装を終えたばかりの「ラオックス秋葉原本店」。店頭では「恐竜」と「エヴァバイク」がお出迎え(画像:YOU)
/wp-content/uploads/2020/08/200821_menzei_02.jpg
恐竜や化石を扱う3階。アキバでも珍しい存在になりそう(画像:YOU)
/wp-content/uploads/2020/08/200821_menzei_03.jpg
ラオックスは大阪・道頓堀店も「日本人客向け」へと改装。こちらは秋葉原とは異なり、カフェやスイーツ店が並ぶようになった。他の都内店舗の「全面改装」もあるのか(画像:淡川雄太)
/wp-content/uploads/2020/08/200821_menzei_04.jpg
銀座三越は一部改装工事中。銀座4丁目交差点側には大きなシャンデリアのモニュメントが登場。本格的なライトアップは11月からの予定(画像:三越伊勢丹)
/wp-content/uploads/2020/08/200821_menzei_05.jpg
新宿高島屋にある免税店は高島屋、全日空、サムスングループ(新羅免税店)との合弁(画像:YOU)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×