家も学校もなじめなかった30代女性が、猛暑の「日雇いバイト」で少しだけ自信を取り戻した話

約1400万人もの人が住んでいるのに、ほとんど交わることのない東京は「孤独」を感じやすい街といえるでしょう。たったひとり暮らす大都会で、どうすれば自分の居場所を見つけられるのか。漫画家でイラストレーターのいしいまきさんが「脱ひとりぼっち」の方法を模索します。

/wp-content/uploads/2020/08/200813_ice_03.jpg
筆者の体験を描いた漫画(@141_maki、いしいまきさん制作)
/wp-content/uploads/2020/08/200813_ice_04.jpg
筆者の体験を描いた漫画(@141_maki、いしいまきさん制作)
/wp-content/uploads/2020/08/200813_ice_05.jpg
筆者の体験を描いた漫画(@141_maki、いしいまきさん制作)
/wp-content/uploads/2020/08/200813_ice_06.jpg
筆者の体験を描いた漫画(@141_maki、いしいまきさん制作)
/wp-content/uploads/2020/08/200813_ice_01.jpg
赤い車の、かき氷売り屋さん。そこで飛び込みのバイトをすることになった理由とは――?(いしいまきさん制作)
/wp-content/uploads/2020/08/200813_ice_02.jpg
家庭や学校になじめなかったという理由で、「自分は引っ込み思案」と決めつけていたかもしれない(いしいまきさん制作)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×