昭和初期の建築が密集する神田須田町、そのナゾに迫る

2018年12月30日

知る!TOKYO
ULM編集部

秋葉原駅の近くに、昭和時代にタイムスリップしたようなエリアがあります。名前は神田須田町。なぜこのような光景が残っているのか、取材しました。

/wp-content/uploads/2018/12/180723_kanda_01.jpg
昭和初期の建物が並ぶ神田須田町(2018年7月21日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/180723_kanda_02.jpg
1930(昭和5)年竣工の甘味店「竹むら」(2018年7月21日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/180723_kanda_03.jpg
1925(大正14)年~1926(昭和元)年竣工のそば店「神田まつや」(2018年7月21日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/180723_kanda_04.jpg
神田須田町にある銅板やタイルなどが張られた「看板建築」の建物(2018年7月21日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/180723_kanda_05.jpg
神田須田町の北側にあるレンガ造りの高架線路(2018年7月21日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/180723_kanda_06.jpg
1928(昭和3)年竣工の国登録有形文化財「山本歯科医院」(2018年7月21日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/180723_kanda_07.jpg
1932(昭和7)年竣工の「あんこう鍋いせ源本館」(2018年7月21日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/12/180723_kanda_08.jpg
「かんだやぶそば」の変体仮名(2018年7月21日、ULM編集部撮影)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×