【終戦75年】「俺が死んだら何人泣くべ」 特攻隊員が残した覚悟の遺書と、たったひと言の偽らざる気持ち

2020年の終戦記念日が近づいてきました。軍司令部の名を受け、特攻隊員として亡くなった若者は出陣の直前、どのような思いでいたのか。ノンフィクション作家の合田一道さんがひとりの男性に迫ります。

/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_05.jpg
前田啓が書き残した「俺が死んだら何人泣くべ」(画像:合田一道)
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_06.jpg
戦時中の貴重な資料群(画像:安城市歴史博物館、西三河エリアワン)
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_07.jpg
戦時中の貴重な資料群(画像:安城市歴史博物館、西三河エリアワン)
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_08.jpg
戦時中の貴重な資料群(画像:安城市歴史博物館、西三河エリアワン)
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_09.jpg
戦時中の貴重な資料群(画像:安城市歴史博物館、西三河エリアワン)
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_01.jpg
「俺が死んだら何人泣くべ」という書を残した特攻隊員、前田啓(画像:合田一道)
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_02.jpg
村永薫編『知覧特別攻撃隊』(画像:ジャプラン)
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_03.jpg
知覧特攻平和会館に展示されている海軍零式艦上戦闘機(画像:知覧特攻平和会館ウェブサイト)
/wp-content/uploads/2020/08/200810_tokko_04.jpg
特攻隊の遺品や関係資料を展示する「知覧特攻平和会館」(画像:知覧特攻平和会館ウェブサイト)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×