東京屈指の古刹「目黒不動」の名前の由来について、散歩しながら考えてみた

目黒不動の名称で知られる泰叡山瀧泉寺。目黒駅から同寺までの道のりについて、フリーライターで古道研究家の荻窪圭さんが歴史を交えて解説します。

/wp-content/uploads/2020/08/200806_meguro_05.jpg
白い道が江戸時代の目黒不動までの参詣道(画像:荻窪圭)
/wp-content/uploads/2020/08/200806_meguro_06.jpg
1684(天和4、貞享元)年の「ゑ入江戸大絵図」。目黒不動への参詣道。地図の端に参詣道だけが描かれている(画像:国立国会図書館デジタルコレクション)
/wp-content/uploads/2020/08/200806_meguro_07.jpg
行人坂を坂の上から。急にぐぐっと下がっているのがわかる(画像:荻窪圭)
/wp-content/uploads/2020/08/200806_meguro_08.jpg
太鼓橋(画像:荻窪圭)
/wp-content/uploads/2020/08/200806_meguro_09.jpg
目黒不動の「水かけ不動明王」(画像:荻窪圭)
/wp-content/uploads/2020/08/200806_meguro_01.jpg
目黒不動の本堂は階段を上った高台にある(画像:荻窪圭)
/wp-content/uploads/2020/08/200806_meguro_02.jpg
大円寺前の行人坂。坂の途中に大円寺がある(画像:荻窪圭)
/wp-content/uploads/2020/08/200806_meguro_03.jpg
「ありがたや福をすいよせるたこ薬師」が目立つ蛸薬師(画像:荻窪圭)
/wp-content/uploads/2020/08/200806_meguro_04.jpg
目黒不動の山門前。巨大なマスクをしていた(画像:荻窪圭)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×