キャラグッズや関連本が次々と……暴れん坊将軍が巻き起こした「江戸の象ブーム」って何だ?

動物園の人気者ゾウは、現代人のみならず江戸の人々の間でも一大ブームを巻き起こしました。火付け役となったのは、あの「暴れん坊将軍」。フリーライターの県庁坂のぼるさんが当時の熱狂ぶりを解説します。

/wp-content/uploads/2020/07/200728_elephant_05.jpg
象ブームに合わせて出版された智善院撰『象誌』(画像:新日本古典籍総合データベース)
/wp-content/uploads/2020/07/200728_elephant_06.jpg
象ブームに合わせて出版された中村平五撰『象のみつぎ』(画像:新日本古典籍総合データベース)
/wp-content/uploads/2020/07/200728_elephant_01.jpg
動物園の人気者、象が江戸でも一大ブームを巻き起こした。その経緯とは?(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/07/200728_elephant_02.jpg
長崎から江戸まで約1480km、象は陸路を歩いて移動した(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/07/200728_elephant_03.jpg
象に関する書籍が次々に出版された(画像:新日本古典籍総合データベース)
/wp-content/uploads/2020/07/200728_elephant_04.jpg
中野区の朝日が丘公園には、かつて象が飼われていたことを記す説明板が(画像:中野区)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×