なぜ女子高生は「制服」を着崩さなくなったのか? 90年代ギャルと現代女子、決定的違いの根拠とは

流行に敏感な女子高生たちの制服スタイルは、時代を映す鏡でもあります。90年代後半のミニスカ姿はすっかり見掛けなくなり、今どきは品行方正な着こなしが主流のよう。移り変わりの背景を、平成ガールズカルチャー研究家のTajimaxさんが考察します。

/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_03.jpg
1997年の雑誌『Popteen』(画像:Tajimax、角川春樹事務所)
/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_04.jpg
1997年の雑誌『Popteen』(画像:Tajimax、角川春樹事務所)
/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_05.jpg
2017年の雑誌『Seventeen』(画像:Tajimax、集英社)
/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_06.jpg
2017年の雑誌『Seventeen』(画像:Tajimax、集英社)
/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_07.jpg
2017年の雑誌『Seventeen』(画像:Tajimax、集英社)
/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_01.jpg
1997年の雑誌『Popteen』。ミニスカにルーズソックス、ベストの組み合わせを着崩すのが当時の“ドレスコード”だった(画像:Tajimax、角川春樹事務所)
/wp-content/uploads/2020/07/200726_uniform_02.jpg
2017年の雑誌『Seventeen』。90年代後半と比べると「きちんと」感がある(画像:Tajimax、集英社)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×