タワマン林立の佃島が「佃煮の聖地」になった知られざる歴史的背景

「佃島といえば佃煮」で知られる中央区の佃島エリア。そもそもどのような理由で、この言説が広まったのでしょうか。フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_06.jpg
明治初期の佃島の様子(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_07.jpg
佃島のある中央区佃の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_08.jpg
佃島のある中央区佃の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_09.jpg
佃島のある中央区佃の位置(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_01.jpg
タワーマンションが並ぶ佃島の風景と佃煮(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_02.jpg
佃島のある中央区佃の住吉神社(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_03.jpg
赤枠の内側が中央区佃(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_04.jpg
現在の佃煮(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/07/200709_tower_05.jpg
現在の佃の風景(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×