「シルバーアクセ」ブーム消滅で窮地に立った「アメ横」が生き残りをかけて選んだ2つの道

年末の買い出し風景でおなじみの上野のアメ横。そんなアメ横の歴史と今後の展望について、筑波大学大学院准教授の五十嵐泰正さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/06/200623_ueno_05.jpg
緊急事態宣言下の「アメ横」の様子(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200623_ueno_06.jpg
緊急事態宣言下の「アメ横」の様子(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200623_ueno_07.jpg
緊急事態宣言下の「アメ横」の様子(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200623_ueno_08.jpg
緊急事態宣言下の「アメ横」の様子(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200623_ueno_09.jpg
緊急事態宣言下の「アメ横」の様子(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200623_ueno_10.jpg
緊急事態宣言下の「アメ横」の様子(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200623_ueno_01.jpg
表通りとは一転して静かなガード下には専門店が並ぶ(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200623_ueno_02.jpg
2000年代から目立つようになった外国人経営の屋台(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200623_ueno_03.jpg
パンデミック以前の魚草には外国人客もあふれていた(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200623_ueno_04.jpg
この雑踏の雰囲気こそが街の魅力だったが……(画像:五十嵐泰正)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×