たけしアートとこだわりの食器「壹眞珈琲店」|老舗レトロ喫茶の名物探訪(6)

2018年11月25日

お出かけ
ULM編集部

神保町に初号店を開業後、銀座に進出してさらに3店舗を展開する壹眞(かずま)珈琲店。それぞれにレトロで落ち着いた雰囲気の店内は多様なアートで彩られ、オーナーこだわりのカップで飲むコーヒーの味も格別です。

/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_01.jpg
晴海通り店で使用しているマイセンの「ホワイトリリース」シリーズのカップ(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_02.jpg
ヨーロッパの有名ブランドのカップが並ぶ神保町店のカウンター(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_03.jpg
神保町店のテーブル席(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_04.jpg
女性オーナーがデザインした、水用のオリジナルグラス。販売もしている(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_05.jpg
晴海通り店はマイセンの食器がそろう(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_06.jpg
並木通り店はアンティークカップで提供。座席背後には画廊のように絵が並ぶ(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_07.jpg
晴海通り店の一枚板を使用したカウンター。古材を利用した天井の梁がレトロ感を演出(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_08.jpg
どの店も店内の至るところにビートたけしさんの絵や版画が飾られている。写真は晴海通り店(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_09.jpg
後ろから光を当てると蛍光色となって絵が浮かび上がる、ビートたけしさんの版画。(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_10.jpg
一番人気のシフォンケーキ 650円(税込、以下同)。ブレンド珈琲またはブレンド紅茶とセットで1590円(銀座の3店舗)(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_11.jpg
一番下のロールケーキ台にもマロンが入っているモンブラン 650円。ブレンド珈琲またはブレンド紅茶とセットで1590円(銀座の3店舗)(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_12.jpg
キャラメルムースをフランス産の洋梨で仕上げたキャラメルポワール 650円(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_14.jpg
中央通り店入口(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181015_kazumacofee_13.jpg
中央通り店の店内は漆喰の壁で席が仕切られていて、個室のような雰囲気(2018年10月16日、宮崎佳代子撮影)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×