上京し、恋や死を見つめ続ける「あいみょん」が歌詞に「東京」を描かないワケ

人気若手シンガー・ソングライター、あいみょん。兵庫県西宮市から上京してきた彼女の書く歌詞には、「東京」の街を描いたものは決して多くないと、法政大学大学院政策創造研究科教授の増淵敏之さんが指摘します。それはなぜなのでしょうか。

/wp-content/uploads/2020/06/200616_aimyon_05.jpg
2015年3月にタワーレコード限定で発売された、あいみょん初のシングル「貴方解剖純愛歌」(画像:Lastrum、タワーレコード)
/wp-content/uploads/2020/06/200616_aimyon_01.jpg
あいみょんの2019年4月発売シングル「ハレノヒ」(画像:ワーナーミュージック・ジャパン)
/wp-content/uploads/2020/06/200616_aimyon_02.jpg
あいみょんが強く影響を受けたと語る浜田省吾の、ファーストアルバム「生まれたところを遠く離れて」(画像:浜田省吾公式ウェブサイト)
/wp-content/uploads/2020/06/200616_aimyon_03.jpg
若者を中心にファンを増やし続けている、あいみょん(画像:あいみょん公式ウェブサイト)
/wp-content/uploads/2020/06/200616_aimyon_04.jpg
銀座や六本木だけではない、さまざまな風景が東京にはある(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×