緊急事態宣言下のアメ横商店街がこぞってマスクを売りまくった歴史的背景

年末の買い出し風景でおなじみの上野のアメ横。そんなアメ横の歴史と商売スタイルについて、筑波大学大学院准教授の五十嵐泰正さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/06/200611_ueno_07.jpg
あちこちでマスクと消毒液が売られていた5月中旬のアメ横(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ueno_08.jpg
いつもよりずっと人通りの少ない5月中旬のアメ横(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ueno_01.jpg
いつもよりずっと人通りの少ない5月中旬のアメ横(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ueno_02.jpg
戦後の雰囲気を色濃く残すガード下(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ueno_03.jpg
アメ横商店街連合会加盟店マップ(画像:アメ横商店街連合会)
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ueno_04.jpg
至る所でマスクと消毒液が売られていた2020年5月のアメ横(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ueno_05.jpg
筆者が年末限定の魚屋でバイトをした際の写真(画像:五十嵐泰正)
/wp-content/uploads/2020/06/200611_ueno_06.jpg
ハラルフードの表示も目立つ、アメ横センタービルの地下(画像:五十嵐泰正)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×