万葉集にちなんだ坂がなぜか文京区にあった――由来とは?【連載】拝啓、坂の上から(3)

現存する最古の和歌集「万葉集」には、東京の坂にゆかりある歌のほか、新型コロナで疲弊した日本への応援歌のような和歌が収録されているそう。フリーライターの立花加久さんがナビゲートします。

/wp-content/uploads/2020/06/200609_saka_05.jpg
都内の坂では珍しい石垣も味わえる急坂(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/06/200609_saka_06.jpg
稲妻形に急角度に曲がりながら上るアプローチ(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/06/200609_saka_07.jpg
曲がりくねりながら上がる石垣の坂(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/06/200609_saka_01.jpg
文京区小日向2丁目にある「鷺坂」(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/06/200609_saka_02.jpg
坂の中ほどにある「鷺坂」を示す石柱(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/06/200609_saka_03.jpg
石柱の片面には万葉集の和歌が(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/06/200609_saka_04.jpg
2008(平成20)年に文京区が顕彰する都市景観賞にも選ばれた(画像:立花加久)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×