女性アイドルの夏ソングに「恋愛もの」が少なくなった理由

2020年も夏はすぐそこ。これまで夏を歌った多くありますが、今回は女性アイドルに絞って、その変遷を取り上げます。解説は社会学者で著述家の太田省一さんです。

/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_07.jpg
AWAが2019年8月に発表した「ユーザーが選ぶ、とびっきりの夏うた“サマーソングランキング”」の結果(画像:AWA)
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_08.jpg
AWAが2019年8月に発表した「ユーザーが選ぶ、とびっきりの夏うた“サマーソングランキング”」の結果(画像:AWA)
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_09.jpg
定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」の2019年8~9月の月間再生ランキング(画像:楽天)
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_10.jpg
定額制音楽配信サービス「Rakuten Music」の2019年8~9月の月間再生ランキング(画像:楽天)
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_01.jpg
2011年発売、夏っぽさ満載のAKB48「Everyday、カチューシャ」(画像:キングレコード)
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_02.jpg
1971年発売の南沙織「17才」(画像:ソニー・ミュージックダイレクト)
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_03.jpg
1982年発売の松田聖子「小麦色のマーメイド」(画像:ソニー・ミュージックレコーズ)
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_04.jpg
1999年発売のモーニング娘。「ふるさと」(画像:アップフロントワークス)
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_05.jpg
2019年発売の日向坂46「ドレミソラシド」(画像:ソニー・ミュージックレコーズ)
/wp-content/uploads/2020/06/200606_idol_06.jpg
2013年発売の乃木坂46「ガールズルール」(画像:ソニー・ミュージックレコーズ)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×