秋葉原は今や「日本の象徴」に――オタクはいつからイケてる存在になったのか

昨今はリア充が「オタク」を自認してもおかしくない時代です。そもそも「オタク」という存在はいつごろから市民権を得てきたのでしょうか。フリーライターの猫柳蓮さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/06/200602_otaku_07.jpg
オタク評論家・宅八郎が1991年に発表した『イカす!おたく天国』(画像:太田出版)
/wp-content/uploads/2020/06/200602_otaku_01.jpg
オタクの聖地・秋葉原の様子(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/06/200602_otaku_02.jpg
『漫画ブリッコ』(画像:白夜書房)
/wp-content/uploads/2020/06/200602_otaku_03.jpg
『週刊プレイボーイ』1990年1月23日号(画像:集英社)
/wp-content/uploads/2020/06/200602_otaku_04.jpg
1990年ごろの中央区晴海の様子。真ん中の施設が東京国際見本市会場(画像:国土地理院)
/wp-content/uploads/2020/06/200602_otaku_05.jpg
東京大学(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/06/200602_otaku_06.jpg
1990年代を代表するアニメ作品で、社会現象を巻き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』(画像:(C)カラー/Project Eva.)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×