府中に徳川家康が豊臣秀吉のために建てた「御殿」があった 府中本町駅すぐそば、跡地にはいったい何が?

東京都府中市の府中本前駅すぐ近くに、徳川家康が豊臣秀吉のために建てた御殿があったのをご存じでしょうか。旅行ジャーナリストで地形散歩ライターの内田宗治さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_05.jpg
国司館と家康御殿史跡広場の場所(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_06.jpg
国司館と家康御殿史跡広場の場所(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_07.jpg
国司館と家康御殿史跡広場の場所(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_08.jpg
国司館と家康御殿史跡広場の場所(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_01.jpg
国司館と家康御殿史跡広場。2020年5月撮影(画像:内田宗治)
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_02.jpg
国司館と家康御殿史跡広場内の国司館の10分1復元模型。2020年5月撮影(画像:内田宗治)
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_03.jpg
京王線府中駅間の大国魂神社参道。2020年5月撮影(画像:内田宗治)
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_04.jpg
旧府中宿の高札場。同史跡広場の北約400mの旧甲州街道にある。2020年5月撮影(画像:内田宗治)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×