日本酒「販売量減でも、飲む機会は首都圏で3割アップ」 背景にイメージの変化

2018年11月21日

ライフ
ULM編集部

アルコール飲料のなかでも販売量が著しく減少している日本酒。そのような日本酒が東京などの首都圏で飲まれているといいます。いったいなぜでしょうか。

/wp-content/uploads/2018/11/181107_osake_01.jpg
女性が日本酒に注目している(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2018/11/181107_osake_02.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181107_osake_03.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181107_osake_04.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181107_osake_05.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181107_osake_06.png

この画像の記事を読む

New Article

新着記事