日本酒「販売量減でも、飲む機会は首都圏で3割アップ」 背景にイメージの変化

2018年11月21日

ライフ
ULM編集部

アルコール飲料のなかでも販売量が著しく減少している日本酒。そのような日本酒が東京などの首都圏で飲まれているといいます。いったいなぜでしょうか。

/wp-content/uploads/2018/11/181107_osake_01.jpg
女性が日本酒に注目している(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2018/11/181107_osake_02.jpg
日本酒の販売量のデータ(画像:国税庁「酒のしおり」のデータを元にULM編集部で作成)
/wp-content/uploads/2018/11/181107_osake_03.jpg
日本酒をワイングラスやシャンパングラスで楽しめる店も都内に増えている(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2018/11/181107_osake_04.jpg
宝酒造が2011年から発売している「澪」シリーズ(画像:宝酒造)
/wp-content/uploads/2018/11/181107_osake_05.jpg
スパークリング清酒を飲んだことがある割合(画像:宝酒造「日本酒に関する意識調査」のデータをULM編集部で加工)
/wp-content/uploads/2018/11/181107_osake_06.png
一ノ蔵が展開するスパークリング清酒「すず音」(画像:一ノ蔵)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

×