板橋と世田谷が生んだコンビ「とんねるず」 人気のウラにあった、ふたりの「地元愛」とは

板橋区成増と世田谷区祖師谷大蔵が生み出したお笑いコンビ「とんねるず」。そんな彼らの魅力について、社会学者で著述家の太田省一さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/05/200508_tunnel_06.jpg
木梨憲武がアートワークを手掛けた、ラグビー・ニュージーランド代表「ALL BLACKS」をテーマとしたアートプロジェクト(画像:アディダス ジャパン)
/wp-content/uploads/2020/05/200508_tunnel_07.jpg
木梨憲武がアートワークを手掛けた、ラグビー・ニュージーランド代表「ALL BLACKS」をテーマとしたアートプロジェクト(画像:アディダス ジャパン)
/wp-content/uploads/2020/05/200508_tunnel_01.jpg
とんねるず(画像:AWA)
/wp-content/uploads/2020/05/200508_tunnel_02.jpg
1995年発表。コンビの誕生秘話などが書かれた『貴明と憲武』(画像:鹿砦社)
/wp-content/uploads/2020/05/200508_tunnel_03.jpg
現在では絵本も手掛ける木梨憲武(画像:双葉社)
/wp-content/uploads/2020/05/200508_tunnel_04.jpg
4月28日、自身のInstagramで「仮面ノリダー」姿を披露した木梨憲武(画像:アライバル)
/wp-content/uploads/2020/05/200508_tunnel_05.jpg
1985年発売の「成増 とんねるず 一番」(画像:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×