牛丼大手「すき家」が、なぜかいきなり「カーネーション」を売り始めたワケ

2020年5月7日

ライフ
ULM編集部

牛丼チェーン御三家のひとつ「すき家」が、全国約700店舗でカーネーションの花を販売すると発表しました。もちろん「母の日」に合わせてなのですが、なぜ牛丼店がわざわざカーネーションを売るのでしょうか。

/wp-content/uploads/2020/05/200507_sukiya_05.jpg
とろ~り3種のチーズ牛丼(画像:ゼンショーホールディングス)
/wp-content/uploads/2020/05/200507_sukiya_06.jpg
ねぎ玉牛丼(画像:ゼンショーホールディングス)
/wp-content/uploads/2020/05/200507_sukiya_07.jpg
おろしポン酢牛丼(画像:ゼンショーホールディングス)
/wp-content/uploads/2020/05/200507_sukiya_08.jpg
高菜明太(めんたい)マヨ牛丼(画像:ゼンショーホールディングス)
/wp-content/uploads/2020/05/200507_sukiya_01.jpg
全国1934店舗を展開する「すき家」がカーネーションを売る理由とは?(画像:ゼンショーホールディングス)
/wp-content/uploads/2020/05/200507_sukiya_02.jpg
すき家で販売するカーネーションは、赤色とピンク色(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/05/200507_sukiya_03.jpg
江戸川区東小岩にある、すき家柴又街道小岩店。ドライブスルー設備を備えた店舗は都心にも(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/05/200507_sukiya_04.jpg
2020年の「母の日」は、いつも以上に家族で過ごす意味を感じられるかもしれない(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×