東京の中心で自分再発見? 日本初「瞑想専用スタジオ」が東京人に伝えたいこととは

2018年11月18日

お出かけ
ULM編集部

2018年6月に新宿にオープンした瞑想専用スタジオ「muon」。その中では何が行われているのでしょうか。記者が実際に体験してきました。

/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_01.jpg
手前の柱には、木の断面らしき模様が見える(2018年10月1日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_02.jpg
30分の瞑想を体験した空間(2018年10月1日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_03.jpg
瞑想スタジオを出た先にある部屋の様子(2018年10月1日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_04.jpg
待合室の奥に瞑想用の空間がある(2018年10月1日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_05.jpg
待合室の入口付近に置かれた店舗のリーフレット。利用客の半数程度が女性で、30~40代が多いという(2018年10月1日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_06.jpg
瞑想の前に提供される白湯(2018年10月1日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_07.jpg
スタッフが手首にアロマオイル「#01」を塗っている様子(2018年10月1日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_08.jpg
ヨギーで店舗開発を担当するマネージャーの古藤さん(2018年10月1日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_09.jpg
スタジオ内に置かれたクッションとブランケット。このクッションの上であぐら状態で瞑想する(2018年10月1日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_10.jpg
クッションの使い方(画像:muon)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_11.jpg
瞑想スタジオ内の光の柱を正面に据えて瞑想するイメージ。柱の表面には木材を薄くスライスしたシートが貼られており、光とBGMは連動する(2018年10月1日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_12.jpg
腰かけに座った状態でも瞑想ができる(2018年10月1日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_13.jpg
ムオンの入口付近の様子。中は黒一色で統一された畳敷きの通路になっている(2018年10月1日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_14.jpg
通路から待合室入口までの通路。手前がU字になっている(2018年10月1日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/11/181025_muon_15.jpg
スタジオ内の様子(2018年10月1日、國吉真樹撮影)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

×