童謡「赤い靴」の真実 女の子は異人さんに連れて行かれはしなかった

子どもの頃、誰もが1度は口ずさんだことのある童謡「赤い靴」。そこに歌われた女の子の数奇な運命をご存じですか? ノンフィクション作家の合田一道さんが、彼女の短い生涯をたどります。

/wp-content/uploads/2020/04/200430_red_05.jpg
横浜の山下公園にある「赤い靴はいてた女の子像」(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/04/200430_red_06.jpg
横浜の山下公園にある「赤い靴はいてた女の子像」(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/04/200430_red_07.jpg
静岡の日本平山頂にある「赤い靴母子像」(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/04/200430_red_01.jpg
誰もが知る童謡「赤い靴」に歌われた女の子とのその後は?(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/04/200430_red_02.jpg
福島県いわき市の「野口雨情記念湯本温泉童謡館」に並ぶ、雨情の作品集(画像:(C)いわき観光まちづくりビューロー)
/wp-content/uploads/2020/04/200430_red_03.jpg
港区の麻布十番商店街の中の広場に立つ「きみちゃん」像(画像:ULM編集部)
/wp-content/uploads/2020/04/200430_red_04.jpg
母かよたちが移り住んだ留寿都村に立つ、きみの「母思像」(画像:留寿都村観光協会)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×